不眠症 原因 症状 治し方 チェック

不眠症の症状と原因、対処方法について

 世の中の動きがめまぐるしく変化する現代社会では、様々な理由で不眠症になってしまう人が多いのではないでしょうか。

 

 不眠症では、なかなか寝付けない、寝てもすぐに目が覚めてしまう、朝早く目が覚めてしまうなど、色々な症状がありこれらが続くととても辛いものです。

 

 このサイトでは、不眠症についての様々な症状や原因、対処方法などについて分かりやすくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

不眠症って何?

 不眠症になると、夜なかなか眠れない、眠ってもしばらくすると目覚めてしまう、早朝に目覚めてしまう、眠りが浅く熟睡感がないなどの症状が続きます。

 

 それらの症状のため、昼間に眠気を催したり、仕事や勉強に集中できなかったり、身体の疲れや様々な体調不良を引き起こすようになります。

 

 現在、国内では約20%の人が、このような不眠症に悩まされていると言われています。
 不眠症は、成人期頃から発症し始めることが多く、年齢を重ねる毎に増加してゆき、中年をすぎると急増しています。

 

不眠症の種類は?

 不眠症は、大きく4種類に分けられます。
 また、これらの症状が並行して発症することもあります。

 

入眠障害

 床に就いても、寝付きが悪くなかなか眠れない。
 通常は30分程度で眠りに入ることが多く、それ以上になる場合を入眠障害と呼んでいます。

 

中途覚醒

 一旦眠りについても、途中で目が覚めてしまい、なかなか寝付けなくなる。
 また、夜中に何度も目が覚めてしまう。

 

早朝覚醒

 朝早くに目が覚めてしまい、その後は眠れなくなってしまう。

 

熟眠障害

 時間的には寝ていても、眠りが浅くてぐっすり眠った感じがしない、疲れが残るといった症状になる。

 

スポンサーリンク

 

不眠症の原因は?

 不眠症には、いろいろな原因がありますが、主なものは以下の通りです。

心理的な要因

 悩みや不安、うつ病、精神的なストレスなどがあります。

 

身体的な要因

 身体の病気やそれによる症状(痛み、かゆみ)などがあります。

 

環境的な要因

 寝室の温度・明るさ、周囲の騒音の影響などがあります。

 

生活習慣的な要因

 夜更かしなどの不規則な生活リズムの影響などがあります。
 また、お酒やタバコ、カフェインの過剰摂取や医薬品などの影響もあります。

 

不眠症の対処方法は?

 基本的には、上記の原因に基づいて対処していきます。

心理的な要因

 自分1人で悩まず、信頼できる人に相談して不安や精神的なストレスを解消していきましょう。
 うつ病の場合には、専門医による適切な治療を受けることも大事になります。

 

身体的な要因

 身体の病気の場合には、その病気に応じた適切な治療等を行なうようにします。
 病気が改善されるに従って、不眠症も改善されることが期待できます。

 

環境的な要因

 エアコンや照明器具などを上手に利用して、睡眠に適した温度・明るさの環境に調整します。 
 窓や雨戸を閉めて、周りからの騒音等を遮るようにします。

 

生活習慣的な要因

 規則正しい生活リズムを基本にします。
 特に夜更かしは控えるようにしましょう。

 

 過度のお酒やタバコは控え、カフェインも寝る前の数時間は控えましょう。
 薬を服用している場合には、睡眠障害を引き起こすものが含まれていないか、医師や薬剤師に確認することも必要です。

 

 次の記事はこちらです。
 重度の睡眠障害とはどんな症状なのか?その対処法は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。