生理前 不眠症 サプリメント

生理前の不眠症はサプリメントが効果的?

 

 

 生理前になると眠くなるという人は多いですが、その逆で不眠症に陥ってしまう人もいます。
 しかも、眠くなるのも不眠症になるのも原因は同じで、月経前症候群と言われる症状です。

 

 女性の生理は女性ホルモンの分泌量の変化により起こります。
 その時に女性の体温も大きく変化が起こり、生理前の2週間〜10日前くらいから体温が高くなる高温期に入ります。

 

 人間は眠るときに体温が下がり、起きるときに体温が上がるという温度変化をするのですが、生理前の高温期に入ってしまうと通常の睡眠時の体温よりも高い体温になってしまうため、眠れなくなってしまう人が出てきてしまうのです。

 

 しかし、この生理前不眠になってしまう人は生理前に何らかの症状が起こる人のうちの1%ほどと言われていて、逆に眠くなってしまう人が40%を超え多くの人に知られているのと逆で、あまり知られていない症状なのです。

 

 

 

 不眠を解消する完全な方法はないと言われています。
 女性に産まれてしまったからには、女性ホルモンの影響から逃れることは難しいためです。
 睡眠時の体温が関係しているため、睡眠の1時間ほど前に入浴し、ぬるめのお湯に浸かったり、睡眠前にストレッチを行って身体を温めます。

 

 入浴や運動で上がった体温が睡眠時に下がりやすい状況を作ることで睡眠に入りやすい状況を作り出します。
 リラックス効果のあるハーブティなどを飲むことも精神を落ち着けてくれるため入眠しやすくなると言われています。

 

 他には、サプリメントの利用も効果的です。
 女性ホルモンのバランスを整える作用のあるサプリメントは、不眠症だけではなく他の月経前症候群の緩和効果も期待ができます。
 ビタミンB6の含まれているサプリメントが月経前症候群には効果的だとも言われています。

 

 次の記事はこちらです。
 生理前に体が暑い、眠れない!なぜなの?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。