生理前 眠れない 原因 対策

生理前になると眠れない!その原因と対策は?

 

 

 生理前になると眠気があるのに眠ろうとしてもなかなか眠れなくなったり、一晩中眠りが浅くて熟睡できなくなることがありますが、これらはホルモンバランスの変化が原因です。
 次の排卵が近づくと黄体ホルモンの分泌が増加して卵胞ホルモンの分泌が減少します。

 

 黄体ホルモンは体温を上げる働きがあるので、黄体ホルモンが増えると体温が上がります。
 人間は体温が下がると眠くなり、体温が上がると目が覚めやすくなるので黄体ホルモンの分泌量が増える生理前はなかなか眠れない状態にあるのです。

 

 睡眠にはメラトニンという睡眠ホルモンが大きく関わっていますが、メラトニンの原料であるセロトニンは卵胞ホルモンと密接な関係にあります。
 卵胞ホルモンの分泌量が減少するとセロトニンの分泌量も減少します。

 

 その結果、メラトニンの分泌量も減少するのでなかなか眠れなくなります。
 メラトニンの減少は一般的な不眠症の原因でもあります。

 

 

 

 生理前になかなか眠れない時の対策は以下のようなことがあります。

 

 1つ目の対策は、黄体ホルモンの働きによって覚醒モードになってしまった体を落ち着かせることです。
 そのためにはホットミルクなどの温かい飲み物を飲む、寝る少し前から部屋の明かりを少し暗くする、アロマの香りなどで気持ちをリラックスさせる、2時間以上前にぬるめのお湯で入浴や半身浴をするなどの方法が有効です。

 

 2つ目の対策は、セロトニンの分泌量を増やしてメラトニンの分泌量を増やすことです。
 セロトニンの分泌量を増やすためには、太陽の光を浴びる、ウォーキングなどのリズムのある運動をする、人とのふれあいを増やす、トリプトファンを多く含む食品を食べるなどの方法が有効です。
 トリプトファンを多く含む食べ物には大豆や赤身の魚、卵の白身、牛乳などがあります。

 

 3つ目の対策は、他の月経前症候群の症状を和らげることです。
 生理前には頭痛や腰痛などの月経前症候群の症状が現れることがありますが、これらの身体的症状が原因で眠れない場合は各症状の改善が必要になります。
 そのためには、自分で症状を改善するのは難しいので早めに医師に相談することが大切です。

 

 次の記事はこちらです。
 つわりで吐き気が強くて眠れない!対処方法は?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。