妊娠 臨月 夜中 眠れない 原因 対処方法

妊娠臨月で夜中眠れない!原因と対処方法は?

 

 

 妊娠期間の臨月になるとお腹が大きくなり、夜中に眠れないという人もいます。
 まず、お腹が大きくなるので寝転んでも寝返りをうつことが出来なくなります。

 

 お腹を下にしてしまうと、赤ちゃんがつぶれてしまうだけでなく息苦しくなります。
 そして寝返りがうてないと、不快になるためぐっすり眠ることが難しくなります。

 

 臨月ともなると胎動を感じることができます。
 ぐっすり眠れていても、赤ちゃんの胎動で起きてしまうということもあります。

 

 お腹が大きくなることによって子宮も大きくなります。
 その事から回りにある膀胱も圧迫されてしまうため、夜中に限らずいつでも頻尿気味になってしまうのです。

 

 他にも妊娠後期は、エストロゲン増えるのですが、この物質は眠りを浅くする作用があります。
 これらの事から眠れないと感じる妊婦がいるのです。

 

 

 

 この眠れないというのを改善するには、いくつか方法があります。
 まず、夜でなくても眠たいと思った時に寝ておくというのが大切です。
 眠たいと感じたときに寝ておくと体も楽になります。

 

 しっかりと眠るために、便利グッズ等を使用するのもひとつの方法です。
 抱き枕やクッションなど、妊娠後期のお腹が大きい妊婦がぐっすり眠ることができるようになっている物なども販売されています。

 

 お腹が大きくても楽に眠れる姿勢になるために使用するものです。
 子どもが生まれた後も使用することのできる物もあるので、これらを使用してみるのも良いです。

 

 適度な運動も眠るためには必要です。
 ウォーキングやストレッチ、ヨガなど軽めの運動をすれば夜に眠りやすくなります。
 そして、妊娠中でも飲むことのできるハーブティー等を飲んでリラックスすることも大切です。

 

 次の記事はこちらです。
 臨月時の腰痛で眠れない!対処方法は?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。