眠れない 寝る方法 音楽

夜、眠れない時に音楽を利用した寝る方法とは?

 

 

 不眠症となるまで寝ようとしても眠れないというのはなった人にしかわからない非常につらい状態です。
 体をリラックスさせて自分に合った寝る方法を見つけることがよい睡眠を維持するのに大切となりますが、その一つの中でよく選ばれるのが音楽を聴きながらという方法があります。

 

 自分の気持ちが落ち着く曲を選ぶといいといいますが選曲も大事です。
 リズムがやたらにいいものは脳の中を興奮させてしまうこともあり体を覚醒させてしまいます。

 

 また音量なども小さめにしていないと仮に眠っていても三半規管は無理やり働かされている状態になるので実はしっかりと眠れていることにはなりません。
 なるべく緩やかで気持ちを鎮めることを意識できるように音楽を選ぶことがよいと思われます。
 眠れないときに使う寝る方法として実は奥が深いのが音楽を利用する方法だということを意識して自分に合ったスタイルを作りましょう。

 

 

 

 実際に眠れるように音楽を聞くというのはどのようにするかというと、ヒントになるのが自律訓練法というメンタルコントロールのテクニックです。
 聞く体勢から一番自分の楽になる姿勢をとり、力を抜きながら音楽を聞き、そして手の指先から足の指先までの触覚を意識しながら深呼吸をしていきます。

 

 緩やかなリズムの中で感覚がだんだん遠くなっていくような、そんな状態をイメージして気持ちが落ち着く歌詞や曲のセクションなどでは頭で軽くリピートするようにします。

 

 本来の自律訓練法というリラックス効果を得るテクニックとは多少異なりますが、要は眠りを妨げている脳の興奮状態が残ったところから無意識の状態に自分のペースで移行させていく。
 これが無理なくこなせるようにしていくことが大事です。

 

 気になることや辛いことを抱えたままだと眠りが浅くなることはみんなあることですが眠るときだけは別だといかに気持ちをリセットするか、これが安眠のポイントでしょう。

 

 次の記事はこちらです。
 自閉症で睡眠障害に悩む幼児とは?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。