自閉症 睡眠障害 幼児

自閉症で睡眠障害に悩む幼児とは?

 

 

 幼児の中には自閉症で悩んでいることがあり、特徴として睡眠障害を誘発しやすいという傾向があります。
 自閉症になるとストレスなどが通常の幼児に比べて溜まりやすい傾向があり、それによって睡眠不足になることが多いです。

 

 その結果、睡眠障害を抱えてしまうことが多くなってしまい、2つの病気を同時に発症させてしまいます。
 特に他の子供に比べて不安を感じやすいため、これが睡眠不足に対してさらに良くない効果を促進させています。

 

 さらに日中に睡眠をして逆に夜中に起きている傾向も強いため、こうした生活習慣が子供の育児に悪影響を及ぼすこともあります。

 

 小児科や総合病院を利用することで、こういった子供独自の病気の治療を行っています。
 そのため将来の子供の成長のために、早急に病院などを受診して治療を進めていく必要があります。

 

 

 

 自閉症と一緒に睡眠障害を誘発してしまう幼児の割合が高い傾向があり、夜中にずっと起きているといった現象も珍しくないです。
 これらの病気の具体的な治療方法として、不眠症対策に使用される薬が処方されることが多いです。

 

 主に夜に睡眠を取るという正しい生活習慣に戻す必要があるので、それを促進させるために薬が使用されます。
 また睡眠障害という不眠をイメージされる方が多いですが、実は逆に睡眠時間を多く取りすぎる過眠についても対象となります。

 

 主に1日10時間以上寝る幼児について、過眠という睡眠障害が病院で認められることがあります。
 こういったケースについてはカウンセリングを行うことが中心であり、睡眠時間を逆に減らす工夫が必要となります。
 このように病院では治療を積極的に行っているため、通院をすることで比較的早く完治させることが可能となっています。

 

 次の記事はこちらです。
 夜、咳と痰で眠れない!対処方法は?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。