生理前 暑い 眠れない

生理前に体が暑い、眠れない!なぜなの?

 生理前に体が暑くて眠れないのは、どうしてなのでしょうか。

 

 生理前になると、体が暑くなってなかなか寝付けない、眠れないと悩んでいる女性もいることでしょう。
 この症状は、月経前症候群の一つで、女性ホルモンの乱れによって起こります。

 

スポンサーリンク

 

 生理前は、黄体ホルモンという物質が多く分泌されます。

 

 この黄体ホルモンは排卵期間から月経前に多く分泌されるのですが、体温をあげる作用があります。
 そのため、体温が常に平均よりも高いため暑いと感じてしまうのです。

 

 眠れないのは、通常人間は眠りにつくときには体温が下がります。
 そして目覚めの時に体温が上がるのが普通の状態です。

 

 しかし、黄体ホルモンの作用によって体が常に暑いため、寝付きが悪かったり、寝起きが悪かったりという症状が現れるのです。

 

 月経前症候群には、眠れないという症状の他に眠気がするというものもあります。
 これも同じく黄体ホルモンの影響であり、体温に変化がないことから起こる症状なのです。

 

スポンサーリンク

 

 これらを防ぐためには、女性ホルモンの乱れを正す必要があります。
 女性ホルモンの乱れには、規則正しい生活習慣が必要になります。
 早寝早起きはもちろん、栄養がありバランスの良い食事が必要です。

 

 そして、体の冷えも女性ホルモンにとっては大変危険です。
 おしゃれだからといって、ミニスカートやぴったりしたパンツをはいていると冷えを引き起こしやすくなります。
 厚着するのではなく、体を温める服装や冷えを防ぐ服装が大切になるのです。

 

 適度な運動を行って筋肉をつけると体を冷えから守ってくれます。
 どうしても眠れない時には、ストレッチなど軽い運動を行って体を温めるのが良い方法です。

 

 日頃からビタミンB6やミネラルを摂取しておくことが大切です。
 これらの栄養素は、黄体ホルモンの過剰分泌を抑えてくれる効果があるからです。

 

 次の記事はこちらです。
 生理前になると眠れない!その原因と対策は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。