風邪 頭痛 眠れない 寝れない 対処方法

風邪による頭痛で眠れない時の対処方法は?

スポンサーリンク

 

 風邪にはさまざまな症状が現れ、中には頭痛が引き起こされ眠れない場合があります。
 風邪をひいたときには自律神経が乱れ、発熱などによって頭痛を伴う場合があります。

 

 ウィルスを排除しようと、体中の血管が膨張するため、脳内の血管も同じ反応になります。
 膨張することによって近くにある神経を刺激するため、頭痛が引き起こされるのです。

 

 また、自律神経が優位になるため、筋肉も緊張し首や肩回りがこわばってしまいます。
 これも頭痛の一つの原因になります。

 

 こうした症状によって眠りたくても眠れない状態に陥りとても辛くなってしまします。
 風邪は眠ることで免疫力があがり、体力も回復するため治りやすくなりますが、頭痛によって眠れない場合には長引かせてしまうことも考えられます。
 まずは眠れない痛みの解消に努め免疫力の回復をするのが優先になります。

 

スポンサーリンク

 

 しかしながら、痛みの解消に有効な手段は風邪そのものを治癒させることにあります。
 一般的な薬には痛みを楽にする処方がされているものが多いため、特別な鎮痛剤を使う必要はありません。

 

 風邪薬と同時に鎮痛剤を飲んでしまうと、薬物乱用による副作用が出る場合があるため注意が必要です。
 通常の薬を飲んで、首をマッサージしたり、痛む部分を冷やして、血管の膨張をおさえるなどの対処をして痛みが治まるのを待つことが大切です。

 

 すべての症状を軽くするために、体を休め栄養のあるものをたくさん摂り、早く治癒させるようにすることがもっと大切です。
 体を冷やさずに、水分補給をしっかりと行うことも大切になります。
 根本から対処をすることで、痛みで眠れないということが解消され、体全体が回復に向かっていくことでしょう。

 

 次の記事はこちらです。
 膀胱炎で夜、眠れない!原因と対処は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。