二次性不眠症 症状 原因

二次性不眠症とは?その症状と原因は?

スポンサーリンク

 

 一般的に睡眠障害として認識されている不眠症ですが、実はいくつかの種類に分類されるという特徴があります。
 そこで二次性不眠症と呼ばれる睡眠障害の症状と原因について、具体的に説明をしていきます。

 

 二次性不眠症とは、精神病や病気が原因となって発症する睡眠障害で、いわゆる合併症としてかかってしまうものです。
 そのため単発的な睡眠障害ではなく、病気や心の病に誘発されて発症するようになります。
 ただ、症状についても通常の不眠症と違いはないので、治療法については心療内科などを受診するようになります。

 

 睡眠薬が処方されることがありますが、同時にカウンセリングを行って病気になった理由を追求しています。
 そのため精神病や心の病気を治すことによって、二次性不眠症といった症状についても同時に完治出来ることが多いです。

 

スポンサーリンク

 

 二次性不眠症とは精神病や心の病気が原因となって誘発される睡眠障害で、症状については普通の不眠症と同じです。
 ただ、皮膚病といった体の疾患が原因で発症することもあり、アトピーが悪化することで睡眠障害になることがあります。

 

 アトピーの場合には体がかゆくなることが多いため、夜間や睡眠前は特に注意が必要です。
 皮膚科ではアトピー治療のためにかゆみ止めの薬などが処方されるので、それを上手に活用して進めていきます。
 体のかゆみによって睡眠障害となっているため、治療については心療内科ではなく皮膚科を受診することとなります。

 

 またこの場合には睡眠薬を飲んでもアトピーの治療にはならないので、結果的に完治するのが遅くなってしまいます。
 二次性不眠症の場合にはあくまでも誘発されて睡眠障害となるので、通常の治療方法とは若干異なってきます。

 

 次の記事はこちらです。
 睡眠障害での中途覚醒!その対策はどうする?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。