痒い 眠れない 対策

夜、痒くて眠れない!痒い原因と対策は?

スポンサーリンク

 

 昼間は何ともないのに夜になると痒くて眠れない、と悩んでいませんか。
 ダニに刺された後もないのに痒くて眠ることが出来ない日々を送ってしまうことになると思います。
 そんな日が続いたら、体はだるいし眠れないし、本当に辛い日々を送ることになります。

 

 夜、布団に入ってから体が痒くなる場合、まずは布団にダニやノミがいるせいで体が痒くなるのかもしれません。
 体に刺された後があるかを確認し、布団をマメに干すなどの必要があります。

 

 ダニやノミに刺された後がない場合、あるいは布団に入る前から体が痒くなる場合は、自律神経の乱れである可能性があります。
 正常であれば、昼間は心身を活発にし、夜はリラックスするように作用します。

 

 夜になると眠くなるのは心身がリラックスさせているからです。
 自律神経が体をリラックスさせようとしているのに、それがうまくいかないと全身に痒みを引き起こすことがあります。

 

スポンサーリンク

 

 自律神経の乱れを整えるには、まずは夜しっかりと寝ることです。
 痒みを抑える薬は薬局などで売っています。

 

 薬などを飲んで一時的に」痒みを抑えて眠れるようにすれば自律神経の乱れも整います。
 薬を飲んでも痒くて眠れないこともあります。

 

 眠れない日が続くと乱れがひどくなり、それが原因で眠れなくなるからです。
 痒み止めを飲み続けることも薬が効かなくなるので痒みが治まらなくなります。

 

 ぐっすり眠れるようにするにはストレスを発散させたり、日中運動などをし体を動かすことも効果的です。
 体が痒いのを抑えるのに通院するのは皮膚科が望ましいです。

 

 またその対策も相談するといいでしょう。
 薬を飲まないで痒いのを抑えたい場合はカウンセリングなどに相談するのも良いでしょう。
 不眠やストレスなどのカウンセリングをやっていることろならその対策法を相談できます。

 

 次の記事はこちらです。
 旦那にイライラして眠れない時の対処方法は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。