睡眠障害 中途覚醒 対策

睡眠障害での中途覚醒!その対策はどうする?

スポンサーリンク

 

 寝付いても夜中に目が覚めてしまい、その後再び寝付くことが難しいことを中途覚醒といい、睡眠障害の代表的な症状の一つです。
 中途覚醒が多いと日中に眠気を催したり疲れが取れなかったりなど日常生活にも支障をきたすことも少なくありません。

 

 このようなつらい症状に悩まされると、果たしてどうすればぐっすりと眠ることができるのだろうかと心配になってしまう方も多く、その対策についての情報を探したいと思う人も多いことでしょう。
 このような睡眠障害と思われるような症状が続いたときは、まずはかかりつけ医の診察を受けて相談するといいでしょう。

 

 また、日常生活上の支障が大きい場合は精神科または心療内科を受診する方がいい場合もあります。

 

 睡眠にまつわる症状はストレスなど心理面・精神面による場合もあり、精神科や心療内科は単に睡眠だけを対処するのではなくその根本についても原因を探った上で治療が行われます。

 

スポンサーリンク

 

 医療機関における睡眠障害の治療は薬物療法や精神療法が基本となります。
 とりわけ薬物療法では睡眠導入剤が処方される場合があるほか、ストレスや不安などに原因があるとみられる場合は抗不安剤などが処方される場合があります。

 

 これらは延々と飲み続けるものではなく、症状の改善がみられ、原因になる因子に対する対策ができるとみられたら薬を飲む量・頻度を減らしていくことが多いです。

 

 また、自分でできる方法として、精神医学の理論に基づいた「自律訓練法」を試すことや、そのほかにも自分がリラックスできる方法を取ることも対策の一つとして考えられます。

 

 中途覚醒などで睡眠が思うように取れず心身ともにつらい思いをして支障をきたす前に、できるだけ早めに対策することが大事です。
 早めの対処が早めの治癒を促すため、できるだけ早く身近な医療機関に相談するといいでしょう。

 

 次の記事はこちらです。 
 睡眠障害で眠れない!治療するには何科の病院?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。