眠れない 原因 脳

夜、眠れない!原因は脳だった?

スポンサーリンク

 

 通常、人間は夜に睡眠が取れるようになっていますが、中にはこのリズムが乱れてしまい眠れないと悩むことがあります。
 そのような睡眠障害が起こる原因として脳が関係をしており、主に体が興奮状態になっていることがあります。

 

 興奮状態とは運動をするといったことではなく、夜にテレビやパソコンなどを使用することで発生します。
 そうすると脳が一時的に興奮状態となってしまい、効率良く睡眠が取れなくなってしまいます。
 こうした興奮状態は数時間は継続するとされているので、可能な限り就寝時間前にはこういったことはしない方が良いです。

 

 なので対策としては夜にはなるべくテレビなどを見ないことが、睡眠障害を発症させない秘訣となります。
 こうした工夫をすることによって興奮状態にならなくてすむため、夜に眠れないという原因を解消することができます。

 

スポンサーリンク

 

 夜になっても眠れないと悩んでしまう原因や理由について、夜型の生活を送っている場合にもこういったことが発生します。
 主に夜の時間帯に仕事をしている方に多い傾向であり、サービス業や医療関係者に多い悩みでもあります。

 

 夜の時間帯に仕事をすると脳の時計バランスが崩れてしまい、それが原因で昼間でも中々寝付けなくなることがあります。
 これについては脳が興奮状態になるわけではありませんが、生活リズムが大きく変化してしまいます。

 

 人間は通常太陽の光が出ている日中において、仕事などで行動をするのが基本的なスタイルとなります。
 それが仕事の影響によってバランスが逆になってしまうので、仮に日中に眠れたとしても体の疲労が取れにくくなってしまいます。
 このように仕事が夜から始まる職種の場合においても、脳の時計バランスが崩れてしまうので睡眠障害になってしまうことがあります。

 

 次の記事はこちらです。
 転職が不安で眠れない時は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。